福祉住環境コーディネーター・資格取得のための通信講座|スクールガイド

福祉住環境コーディネーター資格の各級基準について

福祉住環境コーディネーターの資格を取得する為に、
各級毎に下記のような福祉住環境に関する知識の理解や能力を求められます。


*3級
[福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識]

・超高齢社会が到来する中で、生活者として知っておくべき福祉一般の基本的知識
・子供から高齢者にわたる全世代を対象にした、地域コミュニティ・まちづくりを含んだ「福祉住環境整備の基礎知識」の、生活者視点からの理解


*2級
[3級レベルの知識に加え、福祉と住環境等の知識を実務に活かすための幅広く確実な知識。各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力]

・介護、医療、福祉、建築、福祉用具に関する専門の知識と適用能力
・福祉住環境に関する様々な問題点の抽出能力
・クライアントのニーズ、経済的状況、福祉制度、建築による対応、福祉用具による対応等を総合的に勘案する能力
・各専門職と連携し最適な解決策を提案できる知識・技能


*1級
[3級・2級で得た知識をもとにした、新築や住宅改修の具体的なプランニング能力。安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができる能力]

・個々の住環境を含む日常生活圏全般だけではなく、住宅としての社会福祉施設(ケアハウスやグループホームなどの住関連施設)までも視野に入れた、住環境整備に係わる知識・技能
・地域社会における住環境コーディネーターとしての能力、さらに福祉のまちづくりなどにも積極的に助言できるスキル&コミュニケーション能力


ユーキャンの通信講座はコチラ
資格

福祉住環境コーディネーターの資格@通信講座|スクール情報メニュー